~継続は力なり~

日常のボディメイクやライフスタイル、大学までしていた野球について

警視庁からの発表!!  プロテインを勧めている真相とは!!

先日、警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウントから災害用に備えておくための食料品や生活用品などの日常備蓄。

 

そのおすすめとして、ある商品が追加されました。

 

それは、

 

「プロテイン」

 

f:id:beautybodylife:20190623152345j:plain

プロテインドリンク(チョコ風味)

警視庁のツイートによると、

 

「プロテインはタンパク質はもちろん各種ビタミン等も含有しているものが多く栄養の塊です。賞味期限は未開封で約2年ほどですが、水さえあれば簡単に摂取できる優れものです。」

※ツイート抜粋

 

 

 

上記のツイートのように、プロテインは手軽に摂取できる栄養食品としてはかなり優秀なことがわかります。

 

説明はプロテインだけになっていますが、画像を見ますとプロテインだけでなく他のサプリメントも多くありますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここからは「プロテイン」の

 

栄養価・手軽さ・コスパ・人体における安全性という点で見ていきます。

 

 

 

〇栄養価

プロテインの栄養は言葉の通り、タンパク質が豊富に含まれています。

どのくらいの量が含まれているのかというと、

 

1食分で約20~25g程度。

 

一般的に低カロリー高タンパクと言われている鶏むね肉は100gで約23g程度なので

プロテイン1杯で鶏むね肉約100g分のタンパク質ということになりますね。

 

一般的にタンパク質の目安となる摂取量は体重×1gと言われています。

 

 

60kgの方であれば、60gのタンパク質が1日に必要になりますね。

60gですと鶏むね肉では約300g。

 

鶏むね肉で300gを毎日食べるのはなかなかきついですよね。

別に鶏むね肉しか食べてはいけないというわけではないです。

 

 

牛肉、豚肉、魚介類、卵等々タンパク質源となる食材はたくさんあります。

 

 

 

タンパク質を摂取することだけを考えれば以外に簡単かと思います。

しかし、1番の問題はタンパク質を摂取できる食事の機会が確保できるかということです。

 

 

 

えば、お昼にラーメンを食べに行ったりすることはよくあることだと思います。

ラーメンにはタンパク質はほとんど含まれていません。

含まれているとすれば、味付け卵ですね。

 

卵は1個当たり、約6gのタンパク質なのであまり摂取できていることにはなりませんね。

 

むしろそれ以上に炭水化物、脂質を摂取してしまうので

たまに食べることは、ラーメンはおいしいのでいいですが

毎日ラーメンを食べていては、タンパク質を摂取できませんし

太る原因にもつながるので少し気を付ける点ではありますね。

 

 

そのような点からみても、プロテインはかなり優秀です。

 

 

タンパク質を多く摂取できるという点でも優秀ですし、プロテインだけで1食分の食事にしたい方ですと、炭水化物、脂質も含まれているプロテインもあります。

 

 

カロリーも多くて200kcalなので、低カロリーですよね。

 

 

〇手軽さ

 

プロテインはこの「手軽さ」が1番便利な点ではないかと思います。

 

 

要なのは、プロテインパウダーと水とシェイカーだけですから、とても便利です。

 

外出する際でも、あらかじめ作っておくとコンビニで何かを買わなくてもいいので手間も省けてすばらしいです。

 

このような点からも警視庁が勧めているのだと思っています。

(肉、魚は加熱や調理をしないと食べられないですからね。。)

 

 

〇コスパ

 

コスパはわかりづらいかもしれませんが、かなりお得です。

 

 

一般的に安いと言われているプロテインですと、1kg約3000円程度です。

1kgだと約33食分です。

 

 

1食あたりで計算すると、約90円です。

めちゃくちゃやすいですよね。

 

 

90円でタンパク質20gも摂取できちゃうんです。

 

 

鶏むね肉は肉の中だとかなり安いほうで、店によって違いはありますが

100g当たり約50~60円が相場だと思います。

 

 

値段だけを見ると鶏むね肉のほうが安いですが、毎回鶏むね肉を食べるわけにもいきませんし、調理していく段階で調味料であったり他の食材も使うとなると、コストがかかってきます。

 

プロテインの場合も毎食プロテインというわけにもいきませんが、めんどくさいと思ったときにお金と時間をかけずに栄養摂取ができるのでかなりコスパに優れているといえますね。

 

 

〇人体における安全性

 

この点は皆さんが気になる点ではないかと思います。プロテインを飲まない理由として挙がる理由の中でも最も多いと思います。

 

これはプロテインに限らずサプリメント全体における印象ではないでしょうか。

 

確かにドーピングという言葉がある通り、中には危険なサプリメントも存在します。

 

 

かし、健康目的でのサプリメントは安全です。

 

ましてプロテインは、タンパク質が入っているだけなので危険な要素はどこにもありません。

 

肉を食べてタンパク質を摂取するのと何ら変わりありません。

 

 

むしろ肉、魚と違って食中毒になる心配がないので場合によってはプロテインのほうが安全である可能性も考えられます。

 

 

賞味期限も1年ほどと長いので、これも保存食として勧められる理由です。

 

 

なんといっても、安全でないものはそもそも警視庁からの推薦は受けませんよね。(笑)

 

 

今までプロテインの購入に迷いがあった方は安心して購入して下さい。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いかがでしたか。

 

少しでもプロテインに関して知識が増えたのであれば幸いです。

 

 

 

これによって、災害でもし食糧不足になってしまうことがあったとしても、プロテインがるから大丈夫という家庭が増えたら栄養不足にならないですしこれ以上のことはないです。

 

災害用の保存食でもいいですし、普段の食事にとりいれることで常にタンパク質を摂取することができますし、保存食にもできます。

 

 

缶詰感覚で常備できるのがいいところでもありますね。

 

 

もし購入を考えているのであれば、「iherb」というアプリからの購入をお勧めします。

 

 

アメリカのメーカーが売られているサイトですが、安全面に関しては心配いりません。

 

むしろ外国から直輸入で購入ができるのでかなりお得に購入することができます。

 

 

アプリから購入する際に

 

「BUK5472」とコードを入力していただけますと、代金が5%オフになります。

 

 

ぜひコードを使って少しでも安く購入してください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも、プロテインを買うことのハードルが下がることを願っています。